エラ削り整形の効果について


  1. スッキリとしたフェイスラインに
  2. クリニックによってやり方がある
  3. 理想的な美しいフェイスライン


スッキリとしたフェイスラインに

顔の輪郭というのは、その人の印象を大きく左右します。特に女性の場合は、四角くエラの張った顔というのは、 その人の本当の心とは裏腹に、頑固で良くないイメージを持たれがちです。キレイな卵型の輪郭とか、 すっきりとして逆三角のフェイスラインなどは、まさに多くの女性のあこがれでもあります。その反対に、 エラが張った顔というのは、好みという女性も少ないですが、男性でも好感が持てるとは言い難いでしょう。

そんなエラの張った顔の悩みを解消できる手段が、美容外科でのエラ削り という整形です。 エラ削りは誰でも簡単にできる手術ではありませんから、担当する医師も念入りに選ぶ必要があります。 エラを解消する方法としては、メスを使う方法が最も効果は確実です。整形は抵抗があるという人であれば、 まずは美容外科で相談をして、何が問題であるのかを医師に診察してもらうことです。 エラの問題は、筋肉なのか、 骨に夜骨格なのかを知ることから始めたらいいです。

エラ削りの整形に適しているのは、筋肉が発達しすぎたためではなく、その人の骨格自体に大きな問題があるケースです。 エラを削るという手術は、骨が発達しすぎているので、横顔を見ればわかりやすいです。ですから骨を削る手術を受ければ、 横から見た時には今までのように角張ってはいない、スッキリとしたフェイスラインになっているのが一目瞭然で わかるようになります。前から見た顔も大事ですが、横顔というのも、どう見えるかは大切なものです。


湘南美容外科
整形でエラを無くしたい方へ

エラ削りの美容整形に大成功

顔の輪郭が角張っていることで、男性のようなごつい印象があり、顔も大きく見えていたのが、長年のコンプレックスでした。
女性雑誌モデルのような、なめらかな輪郭に憧れましたし、テレビドラマで活躍をするような、女優さんの美しい女性らしいフェイスラインに、強い憧れを感じていました。
家系的にも家族も親族も顔は大きいですし、みんなエラ張りタイプなので、親族や家族と一緒にいると顔のサイズは気にならないです。

しかし一歩外に出てみると、明らかに自分の顔のサイズは大きく、その理由は横に張り出している顔のエラが理由でした。
体系的には肥満ではないものの、ボディの割にはエラ張りの大きな顔に狭い肩幅なので、見た目のトータルバランスも良くはないです。
上半身だけとか、顔だけの写真撮影の時などは、肥満ではないのに写真で見る限りでは、太っている印象しかないので、写真は昔から苦手でもありました。

大人になってから思い切って美容整形を受けて、エラ削りという大きな大革命を起こしたわけですが、この勇気が成功をもたらすことになったのです。
社会人になってからコツコツと貯金をしていて、いつか顔のコンプレックスをなくすために、このお金を使おうと準備をしていました。
最初は手術という考えは特になくて、エステサロンや美容整体に化粧品の購入を考えていたものの、それらでは役不足であることを、段々と実感として悟るようになりました。

お医者さんとのカウンセリングを受けてみようと考えたのは、エラに対しての解決法に限界を感じていたためです。
いくら小顔矯正を受けても、小顔フェイシャルをエステで受けても、一向にエラの目立つ大きい顔は改善しませんでした。
美容エステもダメならば美容医療の世界で相談をして、解決ができればそれに越したことはありません。
美容クリニックでのお医者さんの診察も受けて、原因は筋肉ではなく骨が横に張り出しすぎていることを知りました。

骨が出っ張りすぎているのですから、いくら高級な化粧品を使用しても、エステサロンでマッサージをしても、骨がサイズダウンをすることなど、あるはずはなかったわけです。
納得ができたのとともに治療方法としては、顔のエラ削りの手術があることを知りました。
最初こそ強い抵抗感がありましたし、手術に対しての大きな不安もありました。
お医者さんからは手術のメリットとデメリット、ダウンタイムのことまで、詳しい説明を受けました。

その日は相談だけにとどめて自宅へ帰り、数日間悩みましたが、インターネットでも手術について調べたり、実際に手術をした人のブログも閲覧して、再度美容外科クリニックへ予約を入れたのです。
通帳の残高を見ても、手術を受けるには十分な予算がありましたし、カウンセリングをしてくれたお医者さんも、手術の実績はありますし、相談にも誠実にきちんと回答をしてくれたので、手術にかけてみる気持ちに切り替わったのです。

美容外科クリニックでエラ削りにかかった時間は2時間弱、最初はすごく不安でしたが、全身麻酔でしたので手術中は深い眠りの中でした。
ただ全身麻酔での手術なので、数日の入院をした後に退院をして、しばらくは引きこもりの生活です。
最初は口も思うように開けないですし、鈍痛のような痛みで鎮痛剤は手放せず、なかなか熟睡もできない日々でした。
強めの痛みは4週間ほど続きましたが、ゆっくりと回復への兆しも見え始めたのです。

ダウンタイムは数日ではなく、数ヶ月はかかりますが、ゆっくりと理想形のフェイスラインに整うのを実感しました。
美容クリニックでエラ削り美容整形手術を受けて、すでに3年が経過をしていますが、エラのあった大きい顔が嘘のように、シャープで女性らしい輪郭を手に入れています。

TOP